◎外来診療時間

  
 
午前
午後

午前: 08:30 - 12:30

午後: 14:00 - 18:00

土曜: 08:30 - 13:00

休診: 第2土曜日・日曜日・祝日 

◎クリニック概要

▶︎診療科目
内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・呼吸器内科・人工透析内科
▶︎常勤医師
理事長:永沼 滋
院 長:奈良 志博
医 師:中潟 寛(非常勤)
▶︎所在地
〒981-3632
黒川郡大和町
吉岡まほろば一丁目5番地の4
▶︎電話番号
022-345-9901
▶︎アクセス
大和町役場から徒歩すぐ
▶︎駐車場
有り(100台)
▶︎送迎
有り(無料)
IBDの患者様へ〜白血球除去療法(LCAP)/顆粒球除去療法(GCAP)のご案内〜

はじめに

炎症性腸疾患(IBD:潰瘍性大腸炎、クローン病)は近年、本邦において患者数が増加中の原因不明の炎症性疾患であり、比較的若年での発祥が多く、病気による身体への影響だけでなく、社会生活への影響も大きいという特徴があります。

LCAP/GCAPとは

近年、生物学的製剤の登場により、以前より病勢コントロールは良好になっておりますが、インフュージョンリアクションや遅発性過敏症、効果減弱、感染症などの副作用もみられ、安全性の面で問題がみられます。
一方、本邦において白血球除去療法(LCAP)/顆粒球除去療法(GCAP)という、人工透析の機械を用いて血液を体外濾過させ、炎症や免疫機能の悪循環に関与する白血球を除去し、血液を浄化する治療法があり、有効性と安全性のバランスが非常に優れ、今後もIBD治療において重要な役割を果たすことが期待されております。

当院における治療方針

当院は人工透析施設を併設しており、社会生活を犠牲にすることなくIBD治療を行うべく、夜間(月・水・金)・土曜(夕方まで)・祝日のLCAP/GCAPを行っております。当院においてLCAP/GCAPをご希望される患者様におきましては、主治医の先生にご相談の上、当院までお電話くださいますようお願い申し上げます。

>このページのトップにもどる